地盤保証について。

 
地盤保証:ジャパンホームシールド
前回のかし担保責任の掲載からだいぶ間が空いてしまい申し訳ありません。

まず地盤保証は、瑕疵担保履行法の中では、あくまで”任意”となります。しかし、住宅保険だけでは地盤に起因する事故は免責事項となっています。不同沈下事故による被害額は高額になります。当社では、ジャパンホームシールドに加盟しており、こちらに依頼してまずは地盤調査を行います。そこでの判定結果に基づき、地盤改良が必要な場合は工事をします。
その工事過程においても、検査が行われ、仕様に沿った施工がなされた建物に関して、地盤の不同沈下に起因する建物の損害費用を、お引渡し日より10年間保証します。保証内容は、建物の補修費用、ならびに補修工事期間に必要とされる借り住居とそれに関する費用です。
保証金額は、ひとつの事故につき最高5,000万円。免責のない全額保証となります。

今年の10月に行われた法改正の結果、まずは、瑕疵担保責任を負うことが義務付けられました、今までは、建設した会社が施工途中で倒産してしました場合や、完成した後に、建設会社の施工ミスにより(欠陥住宅)補修費用が必要になってしまった場合泣き寝入りしなくてはいけない場合がほとんどでした。しかし、この保険が義務付けられたことによりだいぶ施主様を守る体制が確立してきたのではないかと思います。
不思議なのが、地盤保証が任意なことです。何事も基本は足元からの気がします。いつか、こちらもいつの日にか義務化されることを期待します。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)