ウッドワン 浮造り。



こちらの画像は、パイン材を使用した浮造りタイプの無垢材です。今回は床、腰板等に使用しています。木の年輪を加工によって立体的に浮き立たせ素材の魅力を見た目や感触え味わえます。
従来の傷や汚れに弱いという欠点を改善し、汚れが落としやすいコート仕上げ、ワックス使用も通常半年に1度のところ1年に1度でいいようワックスレスタイプになっています。実際さわってみると、年輪部分がデコボコしてどうやって加工したんだろうととても不思議に思いました。
あと、デザイン貼りといって、韓国貼り、すだれ貼り、りゃんこ貼りという貼り方があるのを初めて知りました。貼り方によって空間に方向性を作り広くみせたり、反対に規則性を持たせることによって、空間にアクセントを持たせたりと。この画像では、長さの二分の一ずらす3尺貼りという貼り方です。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

増改築リフォーム;居間完成。

掘りコタツ

お客様のご要望で、中央には掘りごたつが設置されました。今回の床、壁、引き戸にはウッドワンさんの、”浮造り”された無垢を使用しています。浮造りって何??って思われるかと思います。最初は私も??でした。木材やさんが、当社が無垢を使用した家作りをコンセプトにしているのをご存知で、今まで無垢の欠点であった 傷が付きやすい、汚れやすいという点を改善しカバーできる商品です!!と自信をもっておっしゃるものですから、いったいどんな材質なのだろうと興味がわきました。早速社長と岐阜市にある展示場まで見に行ってきました。そこには、浮造りの無垢を使用したキッチン、フロアー、などが展示してありました。(詳しい説明は次回しますね。
今回このお部屋には床、正面に見える引き戸に浮造りの無垢材を使わせていただきました。何百年と生きている以前からある木材と浮造りの無垢が上手に調和して、なんだか、木の温もりが。ここちよさが伝わってきませんか?

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

改装前;洋間

居間

洋間だった居間は・・・・

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

増改築リフォーム;その後



土壁は腰板&クロスへと変わり随分以前より明るい雰囲気となりました。天井にあった立派な梁はそのまま残し真っ白いクロスよく映えるアクセントとなりました。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

古民家風;増改築工事



こちらの画像は、築100年以上の古民家からいただいた木材を使用して、建てられたおうちです。今回、キッチン、居間、和室、トイレ、洗面等の改装工事を承りました。
天井にはがっちりした、今ではなかなか手にはいらないような立派な梁が使われていました。今回の改装工事では、古民家風な昔を思わせる和風と現代的な洋風とを上手に調和させ施工させていただきました。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)