建て方。

建て方
建て方の様子です。
当日は快晴。予定通り大工さん7人での棟上となりました。
これから約3ヶ月間安全第一にて施工してゆきます。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

屋根裏部屋、小屋裏収納。

屋根裏

ついに完成の日が近づいてまいりました。5月27日の初ブログ掲載から3ヶ月余り、基礎から始まり建て方、サッシ、外壁、木工事、クロス工事、水周り・・・いよいよ仕上げの段階となりました。長い間、ブログ掲載を見ていてくださった方々、ありがとうございました。そして、お施主様、至らない点もあったかと思いますが、家作りをご一緒にすることができ、本当にいい経験と思い出になりました。ありがとうございました。この3ヶ月間、工事の流れ、お施主様と当社との流れを間近に接してみることによって、今までと違った角度から家つくりを見ることが出来ました。お施主様と接することによって、見えなかった事、接しなかったら気づくともなかった点を知ることが出来ました。お施主様と当社のつながりは完成と同時に終わるのではなく、ここから始まるのです。10年、20年・・・とおうちの築年数以上のお付き合いができればと思っております。
最後の画像は、私が一番好きな場所を載せさせていただきました。こちらは、2階からみた屋根裏収納へあがる階段部分です。天井につるされている照明は電気工事やさんからのプレゼントだそうです。しっかりとした梁があり白い階段を登れば、収納だけでは広すぎるほどの小根裏部屋があります。落下防止にと頑丈な木の格子がしてあります。
今回、細部にわたるお施主様の優しい気配りが感じられました。かわいいお子様と、奥様のことを想ってされた工夫が完成したおうちからもうかがうことができます。
本日、カメラマンさんによる撮影も行われました。今回で、ブログによる掲載は終了させていただきます。最終的な仕上がりは、後ほど更新されますホームページで確認していただきたいと思います。今回は初めての、試みでしたので、まだまだ上手く表現できない部分がありました。しかし、家作りのおおよその工程はご理解していただけたのでは。と思っております。今後は、少し違った視点から、工事のご紹介をしていこうと思っております。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

玄関。

玄関。  「8月7日撮影」
玄関から1歩入ると、そこには一面無垢のパインの床が敷き詰められていました。玄関からリビング、トイレ、洗面に続く床が・・・。素足で歩いたらさぞかし気持ちいいのだろうなぁと。我が家のリビングも同じ仕様です。初めのうちは真っ黒な足で歩き回る子供がつける汚れが気になり固く絞った雑巾でまめに拭いておりました。しかし、あるお知り合いの方のおうちにお邪魔したときその方が「私は、床は絶対無垢にしたかった。子供たちは年中はだしで家の中を走り回っているよ。」汚れが気にならない?とたずねると、その方は、「それがまたそれが風合いになり、味があっていいんだよって。」おっしゃいました。そして、じゅうたんがひてある部分をめくって最初はこんなんだったのが今はこう!とうーん確かに汚いというよりは幼いときみた小、中学校の床を思い出しました。そしていろんな思い出、出来事をこの床は吸ってきているんだなあって。 それからは、あまり気にしないようにしました。(掃除に疲れたのもあるかも知れませんあっかんべー

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

レンガ!?

ユニデール設置場所。  「8月7日撮影」
杉の腰板のある一面だけレンガ!?と思い近寄って触ってみると・・・レンガ調に見えるクロスでした。こちらは、ユニデールという蓄熱式暖房器の設置場所でして、この部分だけクロスにしたらどうだろうというお施主様のアイディアからこのように出来上がりました。斬新な思いつき。脱帽いたしました!! びっくり

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

リビング ベンチ収納。

リビング 椅子兼収納。   「8月7日撮影」
しばらく、お伺いしない間にいたるところに変かが!!まずは、こちらの椅子兼収納のご紹介から。真ん中のふたが開いている状態になっていますが、ふたを閉めればずらっと5人以上は座れる椅子に。ふたを開ければ中にはおもちゃ、雑貨、本等々たっぷり入る収納が3つになります。このアイディアは、お施主様との会話の中で、ダイニングテーブルを置くといすの分のスペースがかさみ、リビングが狭くなってしまう、なんとかならないものかというお話の中から社長がひらめかれたようです。いすの高さも既存のテーブルに合わせてあるそうです。いいですね。ラッキーお子様のいい隠れ場所にもなりそうな・・・イヒヒ
床には自然塗料のリボスが塗られました。どうやらお施主様もご一緒に塗られたご様子。お疲れ様でした。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

クロス工事下地。

クロス工事下地。   「8月1日撮影」
クロス工事の下地の様子です。ベニアの上にクロスを張るのですが、少しでも凹凸があるると綺麗にクロスが貼れません。そこで、まず始めにパテで繫ぎ目などの段差等を補修します。ベージュにまだらにみえるのがそうです。その後クロスにのりを貼り壁に貼ってゆきます。お施主様のおばあさまとの会話中「窓が開けれないから暑いのに大変だわぁ。風が入るといけないんだって。」とおっしゃるので、「クロスを貼る時に風が入るとめくれたり、空気が入るからいけないんでしょうかね?」と聞いたところ、どうやら、のりが乾いてしまうからだめなのだそうです。確かにと納得でした。部屋の中でTシャツを汗で滲ませ、巻いたタオルもぐっしょりの中一生懸命施工をしてくださるクロスやさんの姿が印象的でした。おてんき 工事は1週間ほどかかるそうです。がんばってくださいね。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

玄関タイル完成。

玄関タイル完成。   「8月1日撮影」
玄関のタイル工事が完成しました。夕陽に反射して色がわかりにくいと思いますが、淡いピンクで、ランダムに白い模様が入っています。外壁もグレーにピンクがかかったような色合いなのでとてもよく調和していると思います。全体的に優しく柔らかい印象を受ける外観に出来上がりました。ぴかぴか
そういえば、足場に巣を作っていたはとさんの近況です。ブログを見ていてくださっているお客様からどうなったのかとたずねられまして・・・実はすっかり忘れておりました。すみません。たらーっそして、ネタに使わせていただいていたはとさん。ごめんなさい。てれちゃう早速棟梁に尋ねたところ、足場解体前に2羽の雛と共に元気に巣立っていかれようでした。どうやらこのはとさん毎年こちらのお宅に飛来しているらしく、きっと来年も来てくれることでしょう。くるりん

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

キッチン。

キッチン [7月28日撮影」
キッチンカウンター付近の画像です。奥に見えるダークブラウンの吊戸棚と同色のシステムキッチンが付きました。施工のほうは1日で完了します。現在は養生のためダンボールで覆われていますので、完成予定の8月10日前後には全てをお見せできることかと思います。ぴかぴか大工工事のほうは本日で完了です。5月の建て方以降今までお疲れ様でした。棟梁工具ラッキー
今日は社長自ら窓枠の巾木、廻り縁につやありのニスを塗っておられました。お施主様、各部屋のクロスも随分お悩みのようでしたが決定されたようです。あと残すは、洗面、トイレ、クロス、玄関左官工事、照明、エコキュート取り付け・・・まだまだ結構ありますね。完成まであと2週間余り。いよいよです。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

アンテナ 地上デジタル。

アンテナ 地上デジタル  「7月21日撮影」
先日足場が撤去されついに全体が見られるようになりました。こちらは南面になります。屋根にはアンテナが設置されました。昔とは色も形も違いますね。今回はこの地上デジタルについて少しご説明をしたいと思います。世間では現在使用しているアナログのTVから地上デジタルのTVへの移行が進んでいます。この地上デジタルなるものに変わるといったいどんな変化があるのか。一言で言うならば、1つの電波で複数の番組が楽しめる。例えば、料理番組を見ながらそのレシピの表示もできるなど。だそうです。なんだかTV画面までもがパソコンの画面のような機能的な機械に変わっていくみたいですね。地デジでTVがネットにつながるそうです。世界的に見ると1998年にイギリス、アメリアから始まり2003年になり日本が移行し始めたようです。近代的に変わってゆくのはよいのですが、今のままのアナログのTV、アンテナでは2011・7.24までしか見られないそうです。びっくり対策としては、今のTVに地上デジタルチューナーを取り付けるか、地上デジタル対応のTVにしてUHFアンテナに変えるかだそうです。2011年前後に大量のTVが買い替えられるのではないかと思います。しかし、まだ見えるTVを捨ててしまうのは避けたいものですよね。エコのためにも。もったいない精神からも。テレビジョン

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)

階段下収納。

階段下収納            「7月21日撮影」
階段が完成し、杉板の腰壁が張り終わりました。階段の下の部分、1階から2階にくるりと左へUターンするかのように上がってゆくのですが、その下の部分を有効に全体が収納になっています。入り口の辺りは普通に入れます、しかし奥に入るにつれかがむ形になります。くれぐれもいり口にお戻りの際頭を打たないようお気をつけください。ムニョムニョ丁度玄関先の収納となるので、災害時の非常食等一式をここに常備されると良いかもしれません。

Posted by tana-ken - comments(0) - trackbacks(0)